浮気の証拠を集める方法

MENU

浮気の証拠を掴みたいと思った時に

浮気の証拠を掴みたいと思った時にやるべき行動

 

浮気の証拠を抑える事ができれば、パートナーに対して非を認めさせることが可能です。

 

また浮気相手に対し、証拠を元に関係を解消させる事ができたり、場合によっては損害賠償も行う事ができるのです。

 

浮気をしているのではないか?と疑いを持った時、何も行動を起こさずにいるとパートナーの思うままになってしまい、理不尽がまかり通る事となってしまいます。

 

そこで証拠を掴むための調査を行い、決定的な証拠を突きつけて相手が反論できないようにすることが重要なのです。

 

仮に浮気が原因による離婚裁判になった場合、この証拠があると圧倒的に有利になるのは言うまでもありません。

 

完全にパートナーに非があり、巧妙にバレないようにしてきても必ず現場の証拠というのは存在します。

 

そこで当サイトでは浮気の証拠の掴み方をご紹介していきます。

浮気の証拠集めは自分で探すかプロに任せるかの2択

浮気の証拠集めは自分で探すかプロに任せるかの2択しかありません。

 

それは自分で行うか、それともプロである探偵に任せるかのどちらかです。

 

自分で行う場合と探偵に任せる場合を比較してみました。

 

自分で行う場合と探偵に依頼する場合の共通点としてパートナーにバレてしまった場合、関係が悪化して最悪の事態を招く事になりかねません。

 

また浮気の証拠を隠滅されて、逆にこっちが危機に陥る事も考えられます。

 

それぞれのメリットとデメリットをご紹介していきますのでご参考ください。

自分で浮気の証拠を探す場合

自分で浮気の証拠を探す場合のメリットとデメリット

 

先に結論から言えば、自分で証拠をさがすという行動はメリットよりもデメリットの方が大きいでしょう。

 

パートナーの浮気調査を自分で行うメリットは、人件費のお金がかからないことです。

 

ボイスレコーダーやカメラなどといった撮影専用の機材を購入することはありますが、基本的に人件費に関してはお金はかかりません。

 

探偵に頼むと料金は高額になるので、たとえ機材の購入でお金が必要になっても、かなり格安になります。

 

方法としては、尾行する、財布・携帯(メールと通話履歴)を調べる、インターネットの履歴をチェックする、クレジットカードの利用明細などになります。

 

できるだけお金を使わずに浮気の証拠を集めたいなら、自分で探すのがベストです。

 

また、パートナーの行動に応じて、臨機応変に動けるのもメリットと言えます。

 

例えば急に帰りが遅くなったり、出張で出掛けることになったら、浮気相手と密会をしているかもしれません。

 

こんな時に自分で証拠を探すのであれば、パートナーの行動に合わせて自分もすぐに尾行調査を行えます。

 

パートナーの予定が変更になったときに、臨機応変に対応できるのはメリットです。

 

自分で浮気の証拠を探すメリットは、精神面にもあります。そもそも探偵に対しては、不安を感じる人も多いでしょう。

 

高額な料金を取られるのではないか?ちゃんと調査をしているのか?など様々な不安があって依頼しにくい事もあります。

 

しかし、探偵に頼まず自分で探していれば、これらの不安は一切ありません。

 

お金はほとんど使わず、調査の進捗状況も把握できるので、余計な不安を感じることはないでしょう。

 

また、パートナーの行動を逐一追っていると、気持ちにも変化が現れます。

 

最初は浮気を疑い熱くなっていた気持ちが落ち着いて、冷静に将来のことも考えられるでしょう。

 

もちろん、反対に証拠が見つかるたび精神的な苦痛を感じる人もいるので、一概にメリットとは言えません。

 

人によっては、デメリットになる可能性もある部分です。

 

自分で浮気調査を行うその他のデメリットは、証拠の信用性です。

 

自分では浮気を証明する立派な証拠だとしても、裁判では認められない可能性もあります。

 

その結果、苦労して集めたのに慰謝料を請求できない、といったケースも考えられます。

 

また、そもそも専門的な知識は皆無でしょうから、しっかりとした証拠を集められるとも限りません。

 

そればかりか、パートナーに浮気調査をしていることがバレてしまうこともあるでしょう。

 

浮気調査がバレてしまうと、パートナーは警戒し今後の証拠集めが困難になります。

 

パートナーとの関係がさらに悪化してしまう懸念があるのも、デメリットと言えるでしょう。

 

お金がかからない、臨機応変に対応できるといったメリットがある一方で、精神的苦痛や信用性、バレたときのリスクはデメリットです。

探偵に頼んで浮気の証拠を探す場合

探偵に頼んで浮気の証拠を探す場合のメリットとデメリット

 

探偵に依頼する事による最大のメリットは素人とは違って如何なる状況にも対応できる柔軟性と言えます。

 

また自分で証拠を探す場合はデメリットが大きかったのですが、探偵に依頼する場合はメリットの方が大きいと言えます。

 

そして探偵に浮気調査を頼むメリットは、確実に証拠を入手できることです。

 

調査失敗の可能性はゼロではありませんが成功率は素人とは比べ物になりません。

 

しかし、経験と知識を積み重ねた専門家なら、確実にパートナーの浮気現場を押えて証拠を集めてくれます。

 

入手した証拠は、裁判で有効になる可能性が高いのもメリットです。

 

話し合いがもつれて裁判に持ち込まれた場合、提出すれば主張が認められる可能性が高くなります。

 

慰謝料の請求ができたり、パートナーの身勝手な理由による離婚を防止できる可能性も高くなるでしょう。

 

専門家はこれまでのノウハウを活かしながら浮気調査を行うので、バレにくいのもメリットです。

 

パートナーに浮気調査のことがバレると、警戒させて今後の展開に悪影響を及ぼします。

 

しかし、探偵は一旦パートナーを油断させてから調査を開始するので、浮気の証拠集めもスムーズに進みます。

 

確実に裁判で有効な証拠を手に入れられるのは、探偵に浮気調査を依頼する大きなメリットと言えるでしょう。

 

しかし、探偵に依頼するメリットは、これだけではありません。

 

経験豊富な相談員から、様々なアドバイスを受けられるのもメリットです。

 

相談員は、依頼を受ける前に相談者から話を聞き取り、様々なアドバイスをしてくれます。

 

そうしたアドバイスを聞いていると、高ぶった気持ちを冷静な状態に戻せます。

 

自分で浮気調査を行うと、先入観があるため冷静な判断を下すことはできません。

 

しかし、第三者からアドバイスをもらえれば、心を落ち着かせてから本当に浮気調査が必要か判断できるでしょう。

 

また、浮気調査が終了した後も、パートナーとの今後についてアドバイスをくれます。

 

調査だけでなく、徹底的なサポートを受けられるのも、専門家ならではのメリットです。

 

探偵に依頼する最大のデメリットは、高額の費用がかかることです。

 

浮気調査の料金は、決して安いとは言えません。

 

自分でするより高額な料金になるので、かなりの出費をすることになります。

 

また、探偵と一口で言っても、必ずしも優良であるとは限りません。

 

ほとんどは安心して依頼できる優良業者ですが、なかには依頼者からお金を騙し取るような悪徳業者もいます。

 

悪徳業者を見抜き優良業者に依頼しないとトラブルに巻き込まれるので、選ぶときには慎重にならなければいけません。

 

基本的に浮気の証拠集めは、自分でするより専門家である探偵に任せた方が良いです。

 

デメリットより確実な証拠を手に入れられるメリットは、今後のことを考えると大きくなっています。

浮気の証拠を手に入れてから取るべき2つの行動

浮気の証拠を手に入れた時に取るべき2つの行動があります。

 

浮気の現実を知った時、考える事は2つしかありません。

 

それは「浮気をやめさせてパートナーを取り戻す」事と「離婚して別々の道を進む」という事になります。

 

前者では離婚をする気はないが、浮気をやめさせて元の生活を取り戻す為の選択となります。

 

後者の場合はパートナーと今後の人生を一緒に過ごしていくのは無理だと感じた場合の選択となります。

 

浮気の証拠を掴んだ時にこの2つの事を冷静に考え、決して感情的にならずに判断すべきです。

 

そこでこの2つの選択肢についてどのように話を進めていくのかをご紹介いたします。

浮気をやめさせる事で話し合う場合

浮気をやめさせる為の話し合い

 

離婚をすることが一番の解決方法ですが、もしできれば回避したい、もう一度関係を再構築したいと考えるのであれば、浮気をやめさせる方法を考えます。

 

何も証拠がなければ大変ですが、証拠を押さえている限り、有利なのは火を見るより明らかです。パートナーも離婚を望んでいないのであればやり直すために話し合いましょう。

 

パートナーが浮気している相手の事もありますので、当然修羅場も想定できますが、結婚をしている側が完全に強いので揺らがずに対応することが大事です。

 

証拠がある以上、浮気相手を訴えることも可能ですし、面倒くさいことを避けるのであればパートナーに相手と別れるように告げて実行してもらいます。

 

別れ話をする場合相手が拒否することもしばしばあります。相手とも直接会ってきちんとした話し合いを持つ必要があるかもしれません。

 

例えば相手が罵倒してきても泣き喚いても、引く必要はありません。結婚している人と恋愛関係になっている時点で、倫理上も道徳上も相手に非があります。

 

別れること、二度と会わないこと、二度と連絡を取らないことを徹底して約束をさせます。パートナーにも同じことを徹底して約束をしてもらいます。

 

パートナーが離婚をするつもりはないけれど、相手とも別れられないといった優柔不断な態度をとる場合は、身内や親族などの第三者に介入を依頼することも考えます。

 

辛い想いをし、傷つけられて心身共に間違いなく消耗している当事者として、誰かに助けを求めても全く恥ずかしいことではありません。

 

第三者の方が案外簡単に浮気をやめさせることができるかもしれません。

 

第三者の方が遠慮なくパートナーを非難して、口出しをし、浮気をやめさせるように説得する事も、可能性としては考えられます。

 

浮気をやめさせる以上は、この先の生活において過去の事を穿り返して責めるといったことはしないように気を付けなければいけません。

 

円滑に結婚生活を続けるための努力が必要になることも頭に入れておきましょう。

離婚に向けて話し合う場合

離婚に向けての話し合い

 

パートナーが浮気している証拠を手に入れてからするべき行動は、当然離婚について話し合いを始めることです。

 

1度の浮気位、と言う人がいますが、1度でも2度でも浮気は浮気です。何もなかった時のようには戻れません。

 

結婚はもちろん、愛情があってこそするものですが、法律上は契約行為です。

 

刑法で裁かれるものではありませんが、民法では不法作為に当たります。契約違反を犯した以上それなりの罰を受けてもらうのは当然です。

 

法律に照らし合わせなくとも、人として信用している相手を裏切る行為であり、傷つけた代償は支払ってもらうことが妥当でしょう。

 

証拠をきちんと突きつけ、慰謝料や財産分与などをしっかり話し合う必要があります。

 

浮気をした以上、どのような理由があろうとも相手の非を全て暴き、慰謝料はしっかり要求しましょう。

 

よく浮気をされる方にも問題があるといった方向へ話が流れますが、自分自身に何らかの問題があったとしても気にしてはいけません。

 

夫婦間に何らかの問題があったのであれば、それは浮気以前に話し合いなり喧嘩をするなりして解消する話です。

 

合理的に考えて、それが浮気をして良いという理由にはなりません。

 

夫婦間の問題から目を背け、現実逃避をするように他の異性と付き合うというのは、浮気をする為の方便です。

 

他の異性と付き合うのであれば、先に離婚をしてから付き合うべき話です。

 

傷つけられ、欺かれた責任をとってもらうためにも、きちんと離婚をしてパートナーがした行為を自覚してもらう必要があります。

 

もし夫婦間に子どもがいるならば、親権・養育権・養育費の話をし、念のために公正証書を作成します。

 

裏切りを行い、夫婦関係の破綻の原因を作ったパートナーが図々しくも子どもの親権・養育権の要求をするならば噴飯ものですが、親権・養育権共にきっちりと同意の上いただきましょう。

 

同時に養育費の要求も当然ですが、養育費については途中で支払いが滞る可能性を考え公正証書があれば安心です。

 

これら全てをきちんと用意した後で離婚届を役所に提出しましょう。

探偵に依頼する際の選び方

探偵に依頼する際の正しい選び方

 

探偵会社に浮気調査を依頼する場合、信用のおける会社に依頼するのをお勧めいたします。

 

探偵と言えど、まともな会社と悪質な会社が存在するからです。

 

そこで正しい探偵会社の選び方の基準をご紹介いたします。

優良な探偵業者の見分け方

優良な探偵業者の判別

 

たくさんの探偵会社がある中、そこから優良な業者を見分けるにはいくつかポイントがあります。

 

始めに警察に探偵業の届出をしているかどうかです。

 

中には届け出を行わず無許可でやっている業者も少なくありません。そのような業者や何でも屋と称して探偵業も行っているところは危険ですので、依頼するのは止めたほうが良いです。

 

事務所内に探偵業届出証明書を提示する事が法律で義務付けられているので、きちんとした業者かどうか、まずはそこを確認する事が大切です。

 

次に、広告やチラシをチェックします。優良な業者は広告に詳細なデータを載せています。

 

過去にどのような案件を請け負ったのかや、大体の料金なども書かれています。

 

また全ての調査員というわけではありませんが社長や担当者の顔写真を載せているところもあります。

 

さらに調査料金にもチェックすべき項目があります。

 

料金体系は各探偵会社によって変わりますが、それでも大体の相場価格というものは存在します。

 

優良な業者であれば安すぎず高すぎず適正な価格が、しっかりとチラシやホームページ上に明記されています。

 

他にも、ホームページを検索すれば、きちんとそこに事務所の住所や代表の名前、顔写真が公開されています。

 

まだ他にも優良な業者かどうかを見分けるポイントはあります。優良な業者は基本的に最初の面談時は無料の場合が多いです。

 

そしてカウンセラーの資格を持った担当者がしっかりと話を聞いてくれ、適切なアドバイスをくれます。

 

そして優良な業者の場合、依頼しようかどうか悩んでいる時でも無理に急かしてくる事はありません。「他の業者と比べていただいても結構です」と余裕すらあります。

 

このように優良な業者を見分けるには複数のポイントがありますので、これらをチェックして悪質な業者に引っかからないように見分けられるようにする事が大事です。

 

悪質な業者の荷見分け方

悪質な業者の判断方法

 

悪質な探偵業者かどうかを見分ける方法もいくつか存在します。

 

まず、探偵業を行うには警察に届出をしなければなりません。事務所に探偵業届出証明書がない業者はまず悪徳なので依頼してはいけません。

 

また広告で「必ず」とか「絶対」とか「100パーセント」などのワードを多用している場合は警戒したほうが良いです。

 

「必ず解決します」とか、「成功率驚異の100パーセント」とかがあった時は注意する必要があります。

 

調査料金も悪質な業者だと驚くぐらいの低価格で依頼者を油断させてくるのです。

 

後から色々なオプションをつけてどんどん高くなってしまうようなシステムをとっていますので、料金表が載っていない場合も気をつける必要があります。

 

どうしても探偵業というのは人件費がある程度かかってしまいます。それにもかかわらず驚くほどの安さという事は、経験のあるベテランではなく、アルバイトのような人を調査員として雇っている可能性があります。

 

他にも住所がレンタルオフィスであったり実際には存在しない住所が書かれてあったりするケースもあります。

 

まともな探偵会社であれば必ず専用の事務所として構えています。それない場合は信用成りません。

 

さらに面談場所が事務所でなく喫茶店やファミレス、カラオケボックスなどを指定してきたらあやしいです。

 

そして悪質業者は過去に警察や公安委員会から行政指導を受けている場合があります。

 

例えば契約書に虚偽記載をしたり、必要書類を交付しなかったり、調査員が違法な業務を行ったりすると業務停止命令や廃止命令を受ける事になります。

 

行政処分を受けた探偵業者は警察のサイトへ行けば過去3年間のデータが公表されているので気になる人はチェックしておけば安心です。

 

また悪質な業者は違法な提案をしてきます。

 

例えば恋愛関係の相談の場合、「相手を別れさせる事ができます」とか、「浮気した相手に復讐をしましょう」など持ちかけてきたらまず悪質業者と考えてよいです。

探偵が行う浮気調査の方法

探偵が行う浮気調査の方法は素人に真似できません。

 

尾行調査のプロである探偵は私たちが予想もしないような道具を使って証拠写真を集めていきます。

 

しかも調査対象者にバレる事無く、決定的な場面を抑えるのです。

 

そんな探偵の調査方法を分かりやすくまとめてみました。

尾行による調査

尾行による対象者の調査

 

探偵が浮気調査を行う場合、基本となる調査が尾行です。

 

尾行とは、対象となるターゲットの行動を探ったり監視するために、相手に気づかれないように追跡することです。

 

相手にわからないように尾行するには、高度なテクニックが必要となります。どのような状況であっても、ターゲットを見失うことは許されません。

 

探偵が行う尾行には、徒歩での尾行と車両による尾行があります。徒歩での尾行は、車両で尾行するよりもばれにくいものの、相当な体力と忍耐力が必要になります。

 

車での尾行は、様々な機材を積み込んで走ることができるワンボックスカーを使った尾行が一般的です。たいていは、スモークを貼るなどして、外から中の機材が見えないようになっています。

 

外装も工夫して、配達専用といった業務用の車であることを演出するケースもあります。

 

場合によっては、バイクや自転車も活用します。バイクや自転車は小回りがきくので、渋滞の時などに便利です。

 

車での尾行は、ある程度の距離を保つ必要があり、他の車を1台から2台はさんで慎重に追跡します。

 

常に後方にいると、相手がバックミラーで確認して不審に思うので、上手くカモフラージュします。

 

車で尾行する場合は、かなりのドライビングテクニックが必要になります。

 

尾行による調査は対象者が遠い距離の場所に行ったとしても追跡します。

張り込みによる調査

張り込みによる対象者の調査

 

浮気調査では、尾行と同様に張り込みも重要です。

 

探偵が浮気相手との密会の証拠を得るために尾行をしていると、ターゲットがホテルなどに入ることも少なくありません。その場合は、ターゲットが出てくるまで張り込む必要があります。

 

相手がレストランに立ち寄った場合は、駐車場を確認して、目立たない場所に駐車します。

 

張り込みを行うときも、ターゲットとの距離感に気を付ける必要があります。

 

服装も重要で、オフィス街で張り込みを行うときは、スーツを着るなど周囲に溶け込んで目立たないようにします。

 

場合によっては、作業服を着たり、警備員に変装することもあります。

 

浮気をしているカップルは、同じホテルで密会を重ねるケースが少なくありません。

 

浮気現場が特定できた場合、張り込みを行う前に現場を下見することもあります。

 

張り込みは、ばれないような場所で慎重に行う必要があるので、事前によく調べておいた方がトラブルになるリスクを抑えられます。

 

公共のスペースや私有地の場合、気を付けないと不審者として通報されてしまうこともあるので、なるべく避けます。

 

路上で張り込みを行う場合は、不審者と思われないように極力注意する必要があります。カメラは目立たないようにバッグの中に忍ばせておきます。

証拠写真の撮影

浮気の証拠写真の撮影

 

最近は、撮影機材も優れたものが揃っており、写真や動画などの証拠を確保しやすくなっています。

 

探偵は、ホテルを張り込んで、ターゲットがホテルに入る様子と出てくる様子を撮影することが多いです。

 

ホテルの滞在時間も証明できるようにします。ホテルから出てくる場面は、浮気の重要な証拠になります。

 

探偵事務所では、ターゲットの浮気調査について、詳細に記録した報告書を提出します。

 

報告書には、証拠となる写真や動画も添付します。時系列に沿って丁寧な報告がされているので、裁判になった時も重要な証拠になります。

 

ホテルの入り口が複数ある場合もあるので、事前に確認しておきます。張り込みは、車内で行う方が有利です。

 

探偵の姿を見せずに調査を行うことができ、撮影用のカメラをしっかりとセットできるからです。

 

駐車場のあるホテルであれば、後部座席に隠れて録画モードで出口を撮影しながら、ターゲットが出てくるのを待つことができます。

 

探偵の中には、張り込みが長くなった時のことを考えて、紙おむつや簡易トイレを用意している人も少なくありません。

 

身動きができない場所で長時間張り込む場合は、簡単に栄養補給ができる栄養補助食品や栄養ドリンクを用意しておいたりもします。

離婚について話し合いを行う場合

離婚について話し合いを行う場合の内容

 

浮気の証拠を手に入れ、今後の事を考えた場合に多くの依頼者が選ぶのが「離婚」になります。

 

そこで離婚に向けた話し合いを行うのですが、話し合いには3種類の方法があります。

 

離婚協議・離婚調停・離婚裁判の順番で基本的に話は進んでいきます。

 

離婚裁判が最初に行い、そこで話が付かなければ離婚調停となり、そこでもだめなら離婚裁判という流れです。

 

右に行くほど時間とコストと手間がかかるというのも知っておいてください。

 

裁判で離婚できる正当な理由は以下になります。

  1. 不貞行為
  2. 悪意の遺棄
  3. 生死不明
  4. 暴行や虐待
  5. 勤労の欠如

浮気による離婚は1番の不貞行為にあたり、正当な理由として認められています。

 

そこで離婚に向けた3つの話し合いについてまとめました。

離婚協議

離婚協議の内容

 

夫婦が離婚に踏み切る場合、まずは当事者同士で話を進めることになります。

 

夫婦が二人だけで離婚についての様々な話し合いを行うことを離婚協議と言い、日本では最もポピュラーな方法となっています。

 

実際に別れた夫婦の約9割が離婚協議で合意に至っているとされ、他の方法とは違って裁判所が関わらないので別れる理由や背景などは必ずしも重視されません。

 

大切なのは夫婦が互いに合意していることで、少しでも合意できない部分が残れば裁判所に調停に入ってもらうことになります。

 

具体的には、夫婦の本籍地や住所地にある自治体の担当部署に離婚届を提出することで手続きは成立します。

 

離婚届に記入する場合、夫婦それぞれが署名捺印するだけでなく、証人となる人物2人の署名と捺印も必要になります。

 

証人は婚姻届けを提出した際の証人である必要はなく、成人していれば誰でも構いません。

 

非常に簡単で手間もかからない方法なのですが、簡単であるがために養育費や財産分与、慰謝料などの面で明確な取り決めをしないまま届を出してしまうことも多いです。

 

一度手続きが受理してしまえば、元パートナーも上記の内容について話し合いに応じなくなる可能性もあるます。

 

そこで離婚届を提出する前に必ず内容を文書化するなど明確にしておいた方が良いでしょう。

離婚調停

離婚調停の内容

 

当事者同士で話し合いがまとまらなかった場合、夫婦のうちどちらかが離婚調停を申立てることになります。

 

住んでいる地域を管轄する家庭裁判所に申し立てるのですが、家庭の問題であるためすぐに訴訟にするのは難しいです。

 

裁判になる前に、一度は必ず調停を行うことになります。調停を行う場合、必ず法的に認められる離婚理由が必要というわけではありません。

 

夫婦のうち理由になるべき原因を作った方が調停を申し立てることもでき、家庭裁判所に夫婦関係調停申立書を提出すれば良いだけです。

 

この書類には、申立人と相手の住所や本籍地などを記入し、養育費や財産分与など重要な項目についても必要なら記入することができます。

 

そして離婚調停に関わる人数ですが、裁判所長のもと、裁判官と調停委員が夫婦の互いに付いて、合計5人で行います。

 

具体的な調停理由などを記入する箇所もあるので、誠実に記入するようにしましょう。

 

申立てには若干の費用もかかり、印紙代として約1,000円から1,500円程度、相手への呼び出し通知を発送する際の切手代として約800円ほど必要になります。

 

戸籍や住民票も必要となり、合わせて650円ほどかかるので準備しておきましょう。

 

相手が裁判所からの呼び出しに応じなかった場合、過料などのペナルティがあります。

 

それでも来なければ調停は不成立になり、裁判で争うことになります。

 

離婚裁判

離婚裁判の内容

 

協議や調停でも話がうまくまとまらず、当事者同士ではどうしようもなくなった場合には家庭裁判所にて訴訟を起こすことになります。

 

この裁判で勝利することが出来れば、原告側の希望通り離婚が成立することになります。

 

訴訟を起こすには必ず調停の手続きを経ることが求められ、いきなり裁判を起こそうとしても受け付けてもらえません。

 

訴訟を起こす場合、離婚の他に慰謝料や子供の養育、財産分与など必要とされる様々な内容についても同時に審議が進められることになります。

 

協議と調停の場合は法的に認められる原因が必要になるため、例えば浮気をした夫側が訴訟の原告になることはできません。

 

訴訟は必ず原因を作った側ではないパートナーから起こす必要があるので、誰でも裁判を起こせるわけではないことを知っておきましょう。

 

また、離婚とは言え裁判なので法廷は一般に公開されます。傍聴希望者がいれば、基本的には自由に内容を傍聴されてしまいます。

 

ただ、当事者や証言を行う証人が、傍聴人がいる前で陳述することで社会的な支障をきたす場合や公序良俗に反してしまう場合、裁判官が全員賛成すれば非公開で行うこともできます。

 

裁判ともなると時間もお金もかかるため、できれば調停までで済ませたいところです。

裁判を起こす際に準備するもの

裁判を起こす際に準備すべきもの

 

離婚裁判を起こす事になった場合、事前に準備しておかねばなりません。

 

そこで必要なものをまとめました。

浮気の証拠資料

浮気を証明できる証拠資料

 

夫婦間での話し合いで離婚が成立しなかった場合、調停を経て離婚裁判を行うことになります。

 

裁判では婚姻関係を継続しがたい重大な事由があれば法的に離婚を認めてもらえるので、離婚を希望している場合は確実な証拠が必要となります。

 

例えばパートナーが浮気をしていたことが離婚原因となっている場合、いくら自分が浮気をしていると主張したところで、明確な証拠がなければ離婚を認めてもらえません。

 

有利に離婚するどころか、離婚そのものが不可能になってしまう可能性もあるので事前に十分に証拠集めをしておきましょう。

 

具体的な証拠としては、パートナーが他の女性や男性とホテルに入っていく写真や動画など、行動を詳細に記録したものが挙げられます。

 

ただ、不貞行為を離婚原因としたい場合は、男女の関係があったかどうかが重要な争点になります。

 

二人で食事している場面だけを写真に撮っても効果が低いので、より完璧な証拠を集めるためにも探偵事務所などのプロに依頼すると良いでしょう。

 

弁護士

自らの意見を代弁してくれる弁護士

 

裁判を行う以上、スムーズかつ自分に有利に審議を進めていくために弁護士を雇うことも重要です。

 

慰謝料や養育費、親権などについて希望がある場合は弁護士にしっかり話し、その希望をできるだけ有利に勝ち取ってくれる優秀な弁護士を見つけることが大切です。

 

ただ、いくら優秀な人物を雇ったとしても、自分が相手を心から信頼して情報を全て伝え、打ち合わせを行っていかなければ有利な判決を勝ち取ることはできないでしょう。

 

自分にとってあまり都合が良くないことを黙っていたり、パートナーを陥れようとウソをついたりしては弁護士も裁判を有利に進められなくなってしまいます。

 

裁判では真実をありのまま伝え、パートナーに非があることを証明して初めて自分に有利にことを進めることができます。

 

そのためにも依頼した弁護士を信頼し、真実をしっかり話すようにしましょう。

 

離婚案件を数多く取り扱うなど、様々なことに慣れている人や事務所を選んで依頼することもポイントです。

 

裁判費用

裁判を起こすための費用

 

離婚するためとはいえ、裁判を起こすのですから当然訴訟に必要となる費用も準備しなければなりません。

 

と言っても他の裁判のように高額の費用は必要なく、弁護を依頼せずに自分で行う場合は約2万円程度で済みます。

 

戸籍謄本を取得する費用や収入印紙代、切手代などが必要になるのですが、収入印紙代は慰謝料の請求金額などに応じて上限が変わってきます。

 

例えば、慰謝料などの請求額が160万円までであれば収入印紙代は1万3千円ですし、300万円の場合は2万円です。

 

500万円の場合は3万円というように、請求する金額によって費用も高くなっていくので注意が必要です。

 

また、弁護を依頼する場合は、依頼した相手や事務所の設定に従って費用を支払うことになります。

 

相談や実際の裁判など全ての手続きでは約80万円から100万円ほど必要になるので、それを見越して資金を準備しておく必要があります。

 

仮に経済的な余裕が無くても慰謝料を取れれば料金を支払うことはできるので、よく検討してみましょう。

 

離婚届

離婚届の書類

 

離婚を認める判決が出された場合、法的に離婚は間違いなく成立しているのですが、それとは別に戸籍内容を変更するために離婚届の提出も必要となります。

 

通常、訴訟を起こした側から離婚届が提出され、家庭裁判所の文書が添付されて手続きが進められることになります。

 

届出人はその1人となり、通常の届と違ってパートナーの署名捺印はなくても構いません。

 

判決が出たら、遅くとも10日以内には届を提出する必要もあります。

 

訴訟で離婚が成立しているからと届を出すのを忘れていると、後日5万円までの過料が課されることになるので注意が必要です。

 

実際にこのルールが適用されることは少ないですが、規定として定められている以上届は迅速かつ確実に提出しておくようにしましょう。

 

5万円の過料が無くても、提出が遅れるとその旨を説明する通知書を作成して簡易裁判所へ送付しなければならず面倒です。

 

できるだけ早く提出して離婚関係の手続きを終わらせておくのがお勧めです。

 

夫婦の戸籍謄本のコピー

夫婦の戸籍謄本のコピー

 

離婚届と同じように、裁判で離婚が認められると夫婦の戸籍謄本のコピーを提出する必要があります。

 

離婚届と一緒に、判決後最低でも10日以内に提出しなければならないため、できれば訴訟を起こす前に予め準備しておくと良いでしょう。

 

戸籍謄本は、離婚の手続きを本籍地がある自治体で行う場合は不要となるケースもあります。

 

引越しで本籍地を離れていたり、実際の住所とは別の地域を本籍地として指定していた場合は、必ず事前に本籍地を確認のうえ戸籍謄本を取り寄せておくようにしましょう。

 

郵送での戸籍謄本の取り寄せには1週間近く時間がかかることもあります。

 

訴訟を起こす決意が固まったらすぐにでも取り寄せの方法などをチェックし、行動し始めるのがお勧めです。

 

離婚は結婚以上に時間と精神力を消耗するとも言われており、できるだけスムーズに離婚するためにも事前に行えることは全て準備しておいた方が賢明です。

 

必要書類の不足やミスで離婚手続きが遅れてしまってはもったいないので、十分に注意しておきましょう。


TOPへ戻る