賠償請求は浮気の時にできる?

MENU

賠償請求が出来るのはどんな時?

賠償は浮気が原因で夫婦が離婚に至るというケースでは慰謝料を請求することができます。

 

というよりも、請求するという意味では基本的に請求はできるものの、それがいつも手に入れることができるというものではない、というところが、実は浮気や離婚に関する大きなポイントになります。

 

夫婦のどちらかが浮気をして、その結果として離婚に至ったというケースでは、裁判を起こすなどという話がよく聞かれますが、しかし実際のところ、離婚をするからといって必ずしも裁判を起こす必要はありません。裁判の必要が生じるから裁判を起こすケースがあるのです。

 

では、いったいどんな離婚で裁判が必要であって、どんな離婚がそうでないのかということになるわけです。

 

基本的には、浮気が原因の離婚の場合、慰謝料請求に関する裁判が必要になる、と考えていただいて間違いないでしょう。つまり、慰謝料という形の損害賠償請求に関する裁判です。

 

たとえば、離婚の際に慰謝料が必要ないと判断した場合や、あるいは、夫婦の一方の言い値で慰謝料が支払われた場合は、わざわざ裁判を行う必要はありません。

 

問題となるのは、パートナーに対する慰謝料の請求に応じないというケースです。そういった場合には、裁判で慰謝料をめぐって争われることになります。

 

ただ、慰謝料(損害賠償)請求に関しては、過去の判例からも、ある一定の法則ができあがっているので、これを理解しておかないと、慰謝料の請求を棄却されてしまうことも珍しくないのです。

 

では、どういったケースで慰謝料が発生するのかというと、これは、浮気をしたパートナーが、他の異性との肉体関係があったというケースです。

 

これは、夫婦関係において、一方が他方の精神的苦痛の原因となる行為を行ったという理由から、損害賠償責任があるとみなされるからです。

 

しかし、浮気をしたということが証明されたとしても、肉体関係があったかどうかは証明されませんので、肉体関係の有無まで立証されずに浮気から離婚が成立したとしましょう。

 

それは夫婦間の問題とみなされ、損害賠償責任には値しないという判断になることがほとんどです。

 

では、どのように肉体関係を証明するのかというと、たとえば探偵などに依頼することによって、パートナーが別の異性とラブホテルに入るところを写真におさめるなどの証拠が必要になってくるのです。

 

だからこそ、探偵事務所には数多くの浮気調査の依頼が入るのです。

賠償請求を行う場合の条件と決定的な証拠があればできるのか?記事一覧

パートナーが浮気をしたという話はよくある話ではありますが、もし浮気の問題が夫婦間...

浮気が原因で離婚を考えた際に慰謝料が真っ先に思いつくでしょう。パートナーの浮気が...


TOPへ戻る