浮気で離婚する際の慰謝料はどれくらい

MENU

浮気が原因で離婚した場合の慰謝料は幾ら?

浮気が原因で離婚を考えた際に慰謝料が真っ先に思いつくでしょう。

 

パートナーの浮気が発覚したという不覚の事態を招いたとき、発覚した時点で色めき立って何も考えずにあれこれ行動してしまうと、後々あれが失敗だった、これが失敗だった・・・という具合に、不具合がいろいろ浮上してしまうリスクを生じます。

 

万一パートナーの浮気が発覚したという際には、できるだけ冷静に今後のことを考える必要があります。

 

ひとつの方法に、浮気したと認めさせて慰謝料を貰って離婚するという考え方があります。

 

そうでない場合には、よく話し合ってまたもとどおりに家族として一緒に生活するという選択肢もあります。

 

まずは、パートナーとよく話合ってみて、どちらにするべきかという方向性を決定することからスタートすることになります。

 

浮気したと認めさせて慰謝料を貰って離婚する場合には、やはりこちらが請求した慰謝料をそのままパートナーサイドが受け入れるかどうかということになります。

 

もし慰謝料の面で折り合いがつかなかったという場合には、いわゆる調停とか、さらにいえば裁判といった事態に発展することも想定しておかなければなりません。

 

訴訟になった場合、こちらにより有利な展開を模索するためには、できることなら事前に探偵事務所などの力を借りるようにするという方法が有効であるといえます。

 

浮気が原因で離婚に至った場合には、いわゆる慰謝料裁判などと呼ばれることもある、慰謝料をめぐる裁判に発展することもあります。

 

そういう場合の慰謝料というのは、いったいどのくらいの金額になるのかということについては、内容が内容だけに、あまり明るみに出ることがありません。

 

そこで今回は、「浮気の慰謝料の相場」というテーマでお話していきたいと思います。

 

一般的に言われる浮気の慰謝料の相場は、だいたい50万円〜300万円程度などと言われています。

 

確かになるほどと思われる金額であるかもしれませんが、「相場」という割にはずいぶんとまた開きが大きくはないだろうかという疑問が芽生えたりもするでしょう。

 

実を言うと、浮気の慰謝料の相場には明確な基準がありません。

 

どういう状況で浮気が行われたのか、そして、慰謝料の請求額がどのくらいなのか、さらには、浮気をした張本人の経済状況はどうなのかといったところをすべて加味して、適性と思われる慰謝料の額がはじき出されることになります。

 

そういったあらゆる状況を加味した慰謝料の額の幅が、だいたい50万円〜300万円ということになる、という話です。

 

では、ここからはもう少し具体的な額について精査していきたいと思います。

 

たとえば、離婚をしなくても、パートナー-が浮気をしたということに対して慰謝料を請求することも可能ですので、その場合(つまり、引き続き結婚生活続く場合)の相場は、50万円〜100万円程度であると言われています。

 

次に、パートナーの浮気が原因となって、離婚はしないものの、別居生活は続くというケースでは、慰謝料の相場は100万円〜200万円になると言われています。

 

そして、完全に離婚してしまう場合に関しては、200万円〜300万円が相場であるといわれます。これらをまとめてひとことでいうと、「50万〜300万」という、およそ相場とは言えない開きを持った金額幅になってしまうのです。

 

ここに財産分与も含めたりすると、特に芸能人の離婚慰謝料などに関しては、数億円といった莫大な金額が慰謝料であるかのように報じられることもあるのです。

 

ですから、純粋な意味での慰謝料ということになると、そこまでの額に及ぶことはまずあり得ません。

 

そして、浮気とは言っても、いわゆる男女の関係が第三者の異性との間にあったか否かが大きく影響することになります。

 

それを立証するために、探偵事務所などに依頼して証拠をつかむ必要が生じることも珍しくないのです。


TOPへ戻る