浮気の時効になるまでの期間

MENU

浮気を知ってから時効になるまでどれくらいあるのか?

浮気が時効になるまで

 

浮気が発覚してから時効になるには条件があります。

 

ただし、時効になるまで逃げ切れるケースは少ないと言えます。

 

ですがパートナーの浮気に対して時効期間を知っておけば離婚時の慰謝料の請求が間に合うかもしれません。

 

そこで今回は除斥期間と消滅時効について解説いたします。

 

除斥期間となる年数

除斥期間はどれくらいあるの?

 

パートナーが浮気をしても、それ自体は犯罪行為ではありません。

 

この為、加害行為責任に対して法律が適用される、ということではなく、浮気によって発生した慰謝料請求に対して、民法の適用があります。

 

浮気や不倫は犯罪行為ではないのですが、不法行為には当たります。

 

この為、これをしたパートナーには、刑事罰はないのですが、不貞行為は夫婦間においての貞操を守るという規制部分に抵触するため、この部分の責任を負うことになるわけです。

 

では、この場合の除斥期間がどうなるかと、結論から言えば、浮気の事実があってから20年間となっています。

 

消滅時効では、法定の期限を過ぎた後、相手側は慰謝料などの責任が消滅したことを、自ら主張する必要がありますが、こちらでは、行為が行われてから20年経つと自動的に適用されてしまうというものです。

 

期間は長めですが、その分、停止させたり中断することもほぼ出来ないので、気がついた時には慰謝料請求権が消滅している可能性もあります。

 

また、こちらのほうが残存しているとしても、消滅時効のほうが短いので、それが先に到達している場合には、請求権は失われてしまいます。

 

つまり、どちらか片方が期限に到達していた場合には、請求権は失われてしまうことになります。

消滅時効までの期間

消滅時効となる条件は?

 

浮気には、もう一つ、消滅時効によっても慰謝料請求権が消滅してしまう事になります。

 

こちらは、浮気の事実を知った時から、又は、浮気相手を知った時から3年間で、権利を失ってしまいます。

 

除斥期間が20年あるのに比べれば、短いものですから、訴えるつもりがあるのであれば、早めに裁判の準備を考えたほうが良いでしょう。

 

ただし、こちらは時効の中断や停止が行えるので、法律上の要点を抑えておけば、3年と言わず、実質、もっと長い時間に渡って慰謝料請求権を存続させることが可能です。

 

まず、中断させる方法としては裁判の開始があります。

 

これを開始することで、例え裁判中に3年の期限を越えたとしても、実際には裁判の段階で時効の進行はストップされているわけですから、慰謝料請求権も消滅しません。

 

進行がストップするということは、例えば、2年11ヶ月で裁判となり、その後3年を迎えたとしても、法律上は2年11ヶ月で止まったままということなので、相手は、いくら主張してもこの消滅が適用されることはありません。

 

用意が遅れて、期限ギリギリで裁判が間に合わない場合もありますが、この時には内容証明郵便での催告が選択肢です。

 

これは、単体では暫定措置に過ぎませんが、その半年以内に裁判を起こせば、請求権の消滅を防げます。

 

つまり、2年11ヶ月と20日位で内容証明郵便を滑り込ませておいたとすれば、例えば3年5ヶ月目に裁判を起こした時でも、慰謝料請求が間に合うというわけです。


TOPへ戻る