会社で夫の浮気を疑った時

MENU

会社で部下や取引先の異性との怪しい関係

浮気がバレてしまってまずいことはたくさんあります。

 

というより、浮気がバレたときにプラスになるファクターなど何ひとつないというのが実際のところでしょう。

 

これは、結婚という契約を結んでいる男女であれば、旦那さんにしても奥さんにしても、どちらもプラスになることなどあり得ないのです。

 

ただ、たとえば社会的地位をすでに築いている旦那さんが浮気をして、これが奥さんにバレてしまったという場合には、なかなか厄介な事も実はあります。

 

それが、「会社にバレる可能性」です。

 

もちろん、旦那さんが浮気をして、それがバレてしまったとしても、ここはグッとこらえてなかったことにしてあげる、水に流してあげるというケースがきっと多いことと思います。

 

もしそでなければ、おそらく日本の離婚者人口は3倍増くらいに急増するはずです。近年離婚率が高まっている事実はあるものの、それでもまだ、奥さんが旦那さんの不貞にガマンを重ねるというケースは決して少なくないはずです。

 

しかし、もうこれ以上ガマンできない、もう二度と顔も見たくない・・・という事態に陥ってしまった場合、旦那さんは一気に窮地のどん底に突き落とされてしまうことになります。

 

どういうことかというと、もし旦那さんが社会的な地位を築いていたとすると、奥さんはかなりの額の慰謝料を請求することになります。

 

それでも足りないという恨みつらみのエリアにまでその感情がすでに達していたとしたら、奥さんはおそらく旦那さんの浮気を会社にバラすことになるはずです。

 

そうなってしまうと、旦那さんの立場はますます危ういものになってしまいます。つまり、これまで築き上げてきた地位を、一気に崩壊させなければならない可能性が高まるからです。

 

実際、探偵事務所には、もちろん奥さんからの旦那さんの浮気に対する相談も多いですが、実は、旦那さんからのそういった相談も、かなりの数が寄せられているという現実があるのです。

 

確かに、ちょっとした「火遊び」のつもりが、一歩まかり間違えてしまって、「火あぶりの刑」に処されてしまうかのような状況に突き落とされてしまうわけですから、誰かにすがりたいという旦那さんの気持ちもよくわかります。

 

いずれにしても、探偵事務所というところは、そういった「犬も食わない」ような問題について、唯一手を差し伸べることができる機関なのではないかという気もします。

 

ふつうはお世話になるところではありませんが、ふつうでない事態のときには、探偵さんのお世話になるのもアリかな、という気が個人的にはします。

会社で夫が浮気しているのではないか?疑いを感じた時に考える事記事一覧

パートナーの浮気の可能性が浮上するきっかけにはいろいろあります。それが特に夫婦と...

仕事の休日になる日や仕事内容を一切教えてくれないときは浮気を疑ってしまいます。や...