証拠調査を行う浮気のキッカケ

MENU

飲み会の会場を絶対に教えてくれないパートナー

パートナーが、飲み会などに行く際に場所や相手などを頑なに言おうとしないとき、パートナーが浮気をしている可能性が浮上することになります。

 

飲み会などに行く際に場所や相手などを言おうとしないということがあったとしても、それ自体そこまで特別にアヤシイとか、それだけで浮気だなどと色めき立つこともありません。

 

まだ明確に場所が決まっていないといったケースでは、むしろはっきりしたことを言わないほうが、些細ながらも愛情の表れである可能性だって捨てきれません。

 

ただし、飲み会などに行く際に場所や相手などを「頑なに」言おうとしないともなると、これはやはりどうしたってアヤシイと言わざるを得ません。

 

パートナーに対して頑なな態度を示すということは、それ自体すでに窮地に陥っていることを自ら示しているようなものであり、そうせざるを得ない状況を自ら招いているからです。

 

とすると、やはり、浮気にしろ他の何かにしろ、そのパートナーがアヤシイ行動に走っている可能性が高くなるのです。

 

ですから、飲み会などに行く際に場所や相手などを頑なに言おうとしないという態度をパートナーが見せるようになったとしたら、探偵事務所などの専門機関に相談することも視野に入れておくべきでしょう。


TOPへ戻る