夫が内緒で2台目の携帯を持っていた時

MENU

携帯を隠し持つには理由がある

パートナーが家族に隠して2台目の携帯電話を契約していた場合、浮気を疑われるリスクは一気に上昇します。

 

もちろん、2台目の携帯電話を契約していたからといってそれ自体が問題になるわけではありません。

 

今の時代、格安スマホなどもそれなりの機能がある機種やプランが登場していることから、経済面でも大きな影響がおよばないのです。

 

この時代ですから、2台目の携帯電話を契約していたからといって誰にとがめだてされるようなこともないはずです。

 

しかしながら、家族に隠して2台目の携帯電話を契約していたという事例で最大の問題となるのは、「家族に隠して」という部分です。

 

上でも触れたように、今の時代は2台目の携帯電話を契約したからといって何も問題にはならない時代ですから、これを家族に打ち明けないことで、逆に大きな問題へと発展しやすいのです。

 

たとえば、自動販売機に缶コーヒーを買いに行くだけでも、コソコソと見つからないように出ていけば、当然疑いの目がかかります。

 

家族に隠して2台目の携帯電話を契約していたら、缶コーヒー以上に疑いの目は強くなるはずです。

 

もしかしたら浮気相手の女性との連絡専用で携帯を契約している可能性は非常に高いと言えます。

 

そもそも隠し持っている時点で何らかのやましい気持ちがあるのは間違いありません。

 

ですから、まずはパートナーにその新しい携帯の話を訊いてみましょう。

 

それで様子がおかしいようなら、探偵事務所などに相談することも視野に入れるようにすべきでしょう。

関連ページ

映画に詳しくなる