離婚を考えた場合に知っておくべき事

MENU

浮気をされて離婚を考えた時に

浮気をされて離婚を考えた時に知っておく事があります

 

パートナーの浮気が発覚し、探偵を雇って証拠を掴んだら離婚するケースが多くを占めます。

 

ですが離婚する際に話し合うべき事は多々あり、互いに決めなければならない事があります。

 

そこで実際に離婚の話し合いを行う時にやるべき内容をご紹介していきます。

 

慰謝料について

慰謝料について知っておくべき事

 

離婚で知っておくべきことの一つに、慰謝料の請求があります。

 

パートナー側に不貞行為や婚姻生活を持続できない原因があった場合、慰謝料の請求が可能となります。

 

もっともこれは状況によっては自分自身がされる可能性もあるので、離婚を考えた時には自分に非がないようにしておく、夫や妻が不貞行為をしているのが明白な場合は、証拠を集めておくと請求しやすくなります。

 

相手側に婚姻生活の続行が不可能になる原因がある場合、慰謝料としての一般的な相場は200〜300万円ほどとなっています。

 

ただこれは経済状況によって、または交渉によって変化するので、少しでも有利に話を進めたい場合は証拠を集めておくと役立つはずです。

 

また伴侶だけではなく、浮気や不倫相手にも請求することができます。それぞれの環境によって異なります.

 

専業主婦の場合は離婚後に生活が厳しくなる可能性が高いので、請求は権利だと思って行うと良いでしょう。

 

財産分与について

財産分与について知っておくべき事

 

離婚に関して慰謝料について広く知られていますが、実は婚姻後に夫婦で共に築いた財産に関しては、財産分与が可能となります。

 

これも知っておくべきことで、財産とは貯金や株券といった金融関係だけではなく、婚姻後に自宅や土地を購入した場合には、それらも権利の中に入っているのです。

 

他にも自動車や家財道具など様々なものが当て嵌まり、事前にチェックしておくと不備がなくなります。

 

ただし婚姻前の貯金、嫁入り道具、相続した財産などは対象に含まれないので注意が必要です。

 

これらも夫婦の状況、話し合いによって異なってきます。

 

ただ共有財産の線引きは難しく、さらに家や土地に関しても現在の価値を正しく知る必要が出てくるので厄介なものです。

 

本来ならすべてを売り払って現金化して分割するのがいいですが、家や土地に関しては難しく、住処をなくすのも嫌だという場合もあるので話し合いが重要になります。

子供の養育権について

子供の養育権について知っておくべき事

 

離婚に関して揉める原因は金銭的なもの、そして子供がいる場合はどちらが引き取るかということです。

 

ここで知っておくべきこととして、親権と養育権(監護権)があります。

 

そもそも親権とは子供の財産を管理する、教育権、代理権、身上監護に分類されます。

 

婚姻中は夫婦の共同親権という形になりますが、離婚をするとどちらか一方に移ることになり、短属親権と呼ばれることもあります。

 

そして養育権とは監護権とも呼ばれており、子供の体に関して監督や育成、保護することです。

 

一般的には離婚の際に親権と養育権の両方を有することになりますが、子供の意見を尊重する場合、この二つを分けて親権者ではない第三者を監護権者とすることもあります。

 

親権や養育権に関しては経済的な基盤よりも、子供に対する愛情が大きい、子供が求めている方を選ぶことが多く、主に母親が権利を得るのはこういった事情があるからです。

 

毎月の養育費について

毎月の養育費について知っておくべき事

 

離婚をする時に子供がいれば、どちらかが親権を得ることになります。

 

ただ子供を育てるというのはいろいろな費用がかかるもので、成人するまでにはかなりの金額が必要となり、一人では難しい場合もあるはずです。

 

この時に重要なのが養育費を決めておくことで、特に専業主婦で離婚して親権を得た場合は必ず求めるようにしてください。

 

大切なポイントは自分のためではなく子供のために必要な費用であるという事で、離婚の条件と養育費は別物と考えた方がいいです。

 

養育費の支払いは一般的には子供が成人するまで、20歳になる月までとなります。

 

ただ子供が高校卒業後に就職して働きだした場合、支払いが終わります。

 

その逆に大学進学を希望した時には卒業まで延長される場合もありますし、浪人や留年などケースバイケースになります。

 

そして養育費の相場は収入によって異なってくるので、事前にしっかりと相談して決めることが重要になってきます。


TOPへ戻る